fc2ブログ

Artie's Pub

独特な感性を持つArtieの徒然なる日記。旅行命なので、旅行シーズンはあっという間に旅行記に変わる。

帰国の時間

さあ、福岡空港に向かさなければなりません。

今回久しぶりにタイ単独の旅。

大好きなスコータイや思い出深かったピサヌロークを素敵なガイドさんと巡ることができたのは本当に嬉しいことでした。またバンコクの街中を久しぶりにぶらぶらと歩きました。

楽しい思い出を胸に搭乗口へ・・・


・・・S123???


そんな番号の搭乗口あったっけ???


結論から言うと、

S123
ありました・・。

出国のためのパスポートコントロールからかなり遠いです。

大都市に向かうわけではないからかもしれませんが、福岡行の飛行機は毎回不便なところから出発です。到着する時もイミグレーションまでかなり歩きます。ちなみにロンドンからバンコクへ入る時はイミグレーションからかなり近いところで降機しました。なんとなく差別されている感があります。

シンハビア
まあその搭乗口の近くにビールが飲める場所があったので、とりあえず休憩。

そして搭乗すると、自分の席にネパール人の女が。席を間違えているのかと思い、「そこは私の席です」と丁寧に話しかけました。すると、「わかってます。席を替わって」と英語で言われました。疲れているし、何を言っているのかと思い、「This is my seat !!」と強めに言うと、しぶしぶ自分の席に戻ってました。自分が窓際で、その女は通路側でした。一緒に座りたくない。

すると、機内に空席がいくつもあることが判明。その女はフライトアテンダントにわがままを言って席を替わっていきました。おかげで自分の席の横は空席でかなりありがたかったです。

エコノミーですが、人の席に勝手に座り、赤の他人に「替わって」というなんてこと、非常識だと感じています。(意地悪だったのかな?)

無事に離陸し、

軽食
軽食をいただきます。ちなみに日本時間で深夜3時30分ごろ?


ちゃんとした朝食が出たのですが、毎回ながら食べれませんでした。

福岡が見えてきた
福岡が見えてきます。

2023年最後の日です。

コロナ禍を経て、ようやく自分の働きたい職場へ転勤できたこと(4月)、夏にイギリスに帰れたこと、そして年末にタイに戻れたこと・・と、考えてみれば良いことが多かった年となりました。ハイゼが見守ってくれたのかな。2024年が良い年でありますように。







スポンサーサイト



テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2024/02/21(水) 18:52:37|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やはり無駄にした最後の日

最後のバンコクの一日です。

朝5時には目覚め(日本では7時ですが)、部屋でのんびりコーヒーを。そしてシャワーを浴び、良い時間に朝食会場へ。

Am Cafe
アンバサダーホテルのAm Cafeです。

Am Cafe
多国籍のビュッフェというイメージでしたが、コロナ禍後縮小されたのかな?
料理も種類が減っていました。

アンバサダーでの朝食 アンバサダーでの朝食
今回頂いた朝食です。コーヒーはお替りしています。

アンバサダーホテルのチェックアウトは12:00ですので、プールでゆっくりしようかなと思ったのですが、泳ぐ気持ちにはなれず、ジムのサウナで時間を潰しました(宿泊者無料)。

そしてチェックアウト後、セントラルワールド周辺をうろうろし、

昼食の店
この店で、

ビールとカオマンガイ
ビールとカオマンガイ。

カオマンガイ、久しぶりにタイで食べた!!
この店、初めてでしたが覚えておきたい!!

さて、食後のデザート(普段食べないくせに)として、

Mango Tango
以前から気に入っているMango Tangoで、

Mango Rhumba Mango Rhumba
Mango Rhumba!!!

ゆっくりと味わいました。ここは以前日本人の旅行者と来たことがあるんですよね。彼らは元気にしているのだろうか。

そして腰や肩が痛い自分はタイマッサージ。

夕食時には、昼食をいただいた店に戻り、

海老団子 牡蠣のオムレツ
海老団子と牡蠣のオムレツ(台湾で食べたのと似ている)。

・・分量が分からず、食べきれなかった・・。

そのあと、有馬温泉という施設のサウナで体をきれいにし、空港へ向かいました。


振り返ってみると、この一日、無理してでもアユタヤに行くなり寺院を訪ねるなりしておけば良かった。だらっと無駄に過ごした気がしてなりません。



テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2024/02/15(木) 00:56:37|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バンコクの夜

スコータイからはスワンナプーム空港着であったので、エアポートリンクでパヤタイまで行き、BTSでナナ駅へ。

2日前と同じアンバサダーホテルです。今回のチェックインはスムーズ。

612号室 612号室
静かな部屋をリクエストしたら、道路側でない方を準備してくれました。

この後は繁華街へ繰り出します。

いつもの店で ぎょうざ
いつもの店でチャンビアとぎょうざ。

そしてマーケットへ繰り出し、缶ホルダーや豚の皮を揚げたもの(これ、つまみに良いんです!)等を購入。また体がボロボロだったので、タイマッサージ。

そして割と早めにホテル近辺に戻り、

食べた店
この店で、

シンハ チキンのパッタイ
シンハビールにチキンのパッタイ。

年を取ったせいか、疲れてホテルに戻り寝ました。以前はもっと遊んでいたのに‥。

テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2024/02/14(水) 00:39:51|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またね!のスコータイ

スコータイ、最後になります。

サンカローク焼の店でツアーは終わりであり、テヴィンさんから「今から空港へお連れします」と言われましたが、まだ飛行機の時間には早い。「お茶でも飲みませんか?」と誘うと、「それではもう一つ小さな遺跡を見ましょう」ということになり、車で向かいました。

ワットチャンローム ワットチャンローム
ワットチャンロームという遺跡です。

「チャン」とは象のことです。

スコータイの遺跡、本当に素晴らしいです。安心した気分にもさせられます。

ここでまたテヴィンさんや運転手のポップさんと写真。1泊2日とはいえ、お別れするのは寂しい・・。

40~50分でスコータイ空港へ到着。テヴィンさんはチェックインまで一緒にいてくれました。最後はハグをしてお別れ。絶対また会いましょうね。

テヴィンさんが言っていましたが、スコータイ空港では無料でコーヒーや水、ちまきが頂けるとのこと。

出国手続きをし、待合室に行くと、

コーヒーとちまき
しっかり頂きました。

頂きながら、この日のことを忘れないように日記をまとめました。

スコータイ空港は何もないけれど、きれいな所です。

スコータイ空港 スコータイ空港
風情があります。

そうそう、トイレに入ると、

サンカローク焼
サンカローク焼。前回もそうだった!!


スコータイ空港 PG214
バンコクエアウェイズPG214でバンコクに向かいます。

またねのスコータイ またねのスコータイ またねのスコータイ
寂しいですが、またね!!絶対また来ます。

2017年のスコータイ旅行の際、このArtie's Pubで記録できなかったので、今回こうしてまとめることができてほっとしています。

ガラガラ
機内はガラガラでした。嬉しい!!

機内食
簡単な機内食が出ました。

バンコク
バンコクに帰ってきました。

テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2024/02/13(火) 00:02:17|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感覚的に好きな陶器

全国陶器祭りがわが県で実施されています。

おそらく毎年やっていることであり、昨年は宮崎市に遊びに遊びに行った際に偶然遭遇しました。そして後日に自分の町にもやって来ることを知り足を運んだものでした。

工芸等に全く無知な自分ですが、好きなものってあるんですよね。

今自分が使っているもの。毎朝飲むコーヒーのカップはWedgwoodのもの。焼酎を飲む時に使うのはムラノ島で購入したベネチアングラス。たまの休日にお茶を飲む際に使うのは波佐見焼、ワインを飲む時はベンジャロン焼・・と割と「なんでもいい」という感じではないんです。

焼き物の工房を見学するのも好きです。


今回スコータイに来て楽しみにしていたことの一つに、サンカローク焼のものがまた買えるかな!!ということです。

サンカローク焼の窯元跡
ワット・プラパーイルワンからサンカローク焼の窯元跡を見学しました。


2017年にシーサッチャラナイ(スコータイ近郊)を訪れた際、サンカローク焼の工房を訪れ、素敵な焼き物を見ました。当時のガイドのアムさんは、ご両親にサンカローク焼のコーヒーカップを購入しており、「親孝行ができる」と嬉しそうでした。自分は器を一つだけ購入しました。それが思いのほかのお気に入りで、今回同じ場所に行けたらいいなと思っていました。

残念ながらスコータイ市内の工房でした(品数が少ない)。

サンカローク焼の店 サンカローク焼の店
お店の方はみんな親切でした。

サンカローク焼の店に来れただけで嬉しい。

最終的に、

サンカローク焼
これらを購入しました。

魚の模様が特徴のサンカローク焼。大切に使いたいと思います。

テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2024/02/12(月) 00:12:32|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昼からの遺跡

さて、スコータイの旅も終盤に差し掛かりました。

車ですぐのところ、

ワットシーチュム
ワットシーチュムです。

ここははるか昔にチェンマイ、スコータイの旅をした際に訪れたことをはっきりと覚えています。2017年に久しぶりにスコータイを訪れた際、ここだけは「久しぶり!」と思いました(あとのところはあまり記憶になかった)。

ワットシーチュム アチャナ大仏 アチャナ大仏
アチャナ大仏が祀られています。

この大仏様は圧巻です。また会いに来ますね。

その隣にある

ワットシーチュムの像
この像の表情が好きです。なんだか安心できるんですよね。


ここから少し移動すると、

ワット・プラパーイルワン
ワット・プラパーイルワンに辿り着きます。

この寺院は広いです。「廃墟」の印象ですが、栄えていた頃は威力があったに違いありません。

ワット・プラパーイルワン ワット・プラパーイルワン
ゆっくりと散歩してみたいです。

ここの駐車場でテヴィンさんや運転手のっポップさんと3ショット写真を撮りました。

2017年も同じ場所でガイドのアムさんや運転手さんと写真を撮っています。


スコータイはバンコクほど混雑していません。いつかゆっくりと自転車や徒歩で廻ってみたい場所です。ここの遺跡、大好きです。

テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2024/02/11(日) 07:58:06|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悲観的なランチ

スコータイ歴史公園、自転車でぶらつく時間は本当に素敵でした。前回の雨の中アムさんが一生懸命楽しませてくれた場所。今回の晴天の中テヴィンさんと楽しく過ごせた場所。次は誰と、あるいは一人でどのように楽しむことができるのか・・。自分のお気に入りの中の一つの場所です。

前回の旅が思い出されました。アムさんとはカンペ―ペットの遺跡やシーサッチャラナイの歴史公園に行くなど、スコータイとその周辺の遺跡の魅力にあふれたツアーだったのでした。今回はテヴィンさんとピサヌロークとスコータイメインの楽しい旅。自分の中でこの界隈の歴史がようやく繋がってきました。ああ、また来たい。

スコータイ歴史公園の見学の後は昼食。

今回テヴィンさんや運転手さんは別の席での食事。自分は一人だから一緒に食べようといったのですが・・。おそらくたいていのお客さんは複数なので、お客さんを尊重して席を外しているのでしょう。

この場所にいるのはとても幸せで楽しい反面、あと数時間で終わりです。自分の良くない面が出てきます。残りの時間を楽しむというよりは、もうすぐ終わりでお別れしなければならないという発想。どこを旅行している時もマイナス思考が働きます。だから食欲もあまりない・・。

シンハビール
とりあえずビール。テヴィンさんが注文してくれていました。一緒に飲みたかったな。

セットメニュー
タイ料理のセットメニューです。

・・美味しかったのですが、多すぎて完食できなかった・・。なんでこんなに寂しい気分になるのだろう。

アイスクリーム
デザートはアイスクリーム。

たった1泊2日のこの小旅行、またも忘れられないものになりそうです。

レストラン
ちなみにここで食べました。

テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2024/02/07(水) 20:52:08|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晴れ上がった歴史公園散歩

さて、TOPLAND HOTELを離れる時間がやってきました。次の場所へ行く楽しさもあるのですが、ちょっとでもお世話になった場所を離れる寂しさはこの年齢になっても全然変わりません・・。テヴィンさんは時間よりも早くロビーに迎えに来てくれていました。ホテルの外で写真を撮った後は、スコータイへ出発。

実はスコータイは2017年の年末に出かけています。1泊2日のスコータイ遺跡ツアーを申し込んだ際、その前日から乗り込んだものでした。アムさんという穏やかな若いガイドさんが案内してくれましたが、このArtie's Pubで紹介をしないまま終わっていました。アムさんは丁寧にガイドしてくれ、最後にはお守りのキーホルダーまで自分に渡してくれました。本当に楽しかったのですが、「雨」だったという大敵が忘れられません。

今回気づけば6年の月日を経てまたスコータイに向かうのです。そして快晴!!

ガソリンスタンド
途中、ガソリンスタンドに寄りました。トイレ休憩も兼ねました。


そして、見覚えのあるスコータイ到着!!

まだデジカメのない時代に初めて訪れたチェンマイ、ピサヌローク&スコータイ。2017年に久しぶりに訪れたスコータイ。そして今回、もう一回初めて訪れた時の感動を味わおうとやって来たピサヌローク&スコータイ。どの時も思い出深いです。

まずはスコータイ歴史公園です。やはりスコータイ遺跡の目玉です。

公園内は、

レンタルサイクル
自転車を借りて移動です!

2017年にアムさんから案内してもらった時も自転車でしたが、小雨で気温も下がっていたため、タイにいるのに「寒い」時間でした。

今回は快晴の中、同じおっさんのテヴィンさんとショートサイクリングです。

この歴史公園のハイライトはおそらく、

ワットマハタート ワットマハタート ワットマハタート
このワットマハタートでしょう。

スコータイ様式のお寺の跡です。立像や座像が残されており、この敷地をゆっくりと歩くだけでも歴史を感じることができます。


・・自転車で移動します。

ラームカムヘーン像
ラームカムヘーン像です。

ラームカムヘーンはスコータイ朝の3代目の王様で、一番偉い王様だそうです。とにもかくにもタイ文字を発明された方だそうです。
拝んでいる人がたくさんいました。またテヴィンさんから説明を聞きながら、「市民に愛された凄い人だったんだな」と日本人なりに感じました。

ワットサッシー ワットサッシーのWalking Buddha
池のそばにあるワットサッシー。Walking Buddhaが素敵です。手をつないで写真を撮りました

ワットトラパングーン ワットトラパングーンの遊行仏
ワットトラパングーンには遊行仏がいらっしゃいます。


・・・天気も良く、自転車で遺跡を巡るなんて楽しすぎます!!!

ガイドさんがいるので質問もできるし、なんだか1日中ここでぼんやり過ごしたいなと思います。前回の雨の際も「雨でなければずっといれるのに」と思ったものでした。

ワットシーサワイ ワットシーサワイ
ワットシーサワイはアンコール風クメール様式ですが仏教の寺であるそうです。

サイクリングでの遺跡探検はここまで。

もし一人で回れるようになったら、一日中いるな。きっと。

テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2024/02/06(火) 00:49:02|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOPLAND HOTELの朝食

さて、前日ガイドのテヴィンさんと楽しく飲んだ後はホテルで即撃沈。

この日は朝5時頃起床(と言っても日本では7時)。ゆっくり風呂に浸かり(バンコクではシャワーしかなかったので)、ゆっくりと朝食バイキングのレストランへ。

朝食バイキング
こんな感じです。

朝食
お粥が体に優しい…。

豚の血のスープ
豚の血のスープ・・・。

スコットランドでも似たようなものを食べたような気が・・。

ゼラチン状に固まっているプルンとした血のかたまり。「血」だと思わなければ食感も良く、スープも美味しかったです。

コーヒーとデザート
コーヒーとデザート。



テヴィンさんが8時30分に迎えに来るのでそれまでは部屋でのんびりしていました。

テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2024/02/05(月) 00:16:45|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2024年の豆まき

2024年2月3日

豆まき
豆まきの準備できました。

ハイゼがいた時は一緒に楽しんでいました。

ハイちゃん、今年も豆まきしたよ。空から見てたかな?


・・・そういえば、この日、駅の周辺をうろうろしていたら、知り合いが恵方巻を売るバイトをしていたので、

恵方巻
一つ購入しました。


・・夕食となりました。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

  1. 2024/02/04(日) 08:15:34|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Artie

Author:Artie
Artie's Pubはバーチャル居酒屋。イギリスのパブのように、ちょっと立ち寄って飲みながら立ち話をする場を目指しています。「いらっしゃい!!」

最近のMENU

最近のお客様 ~いらっしゃい!!~

御清算

FC2ブログランキング

帰り際にクリックしてね!

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

お品書+月別アーカイブ

過去のArtie's Pub

 

名言

地球の名言 -名言集-

ブログ内検索

ボトルキープ

このブログをリンクに追加する