fc2ブログ

Artie's Pub

独特な感性を持つArtieの徒然なる日記。旅行命なので、旅行シーズンはあっという間に旅行記に変わる。

身の丈を知らない買い物

 さて、これから向かう目的地があるのですが、少し時間も早いです。ということで、一旦ホテルをチェックアウトし、荷物はホテルに預けました。ロンドンでの時間はこの日の午前中のみです。

 今回は事前にターゲットをスマイソン、ハロッズと決めていました。

 今、円高とポンド安が重なり、買い物をするにはありがたい時期です。そこで少し無理して自分のご褒美を買おう!と思っていました。

 まず、スマイソンです。

スマイソン
スマイソンはイギリスのブランドです。自分はありブランド物には詳しくないのですが、例えばグッチやシャネルなどは日本を含めて世界中どこでも存在しています。このスマイソンはあまり見かけることはありません。もともとは文具の老舗の店だったと思いますが、革製品もシックなデザインが素晴らしいです。

 ここ数年、財布、小銭入れ、名刺ケースと、普段自分が使うにはもったいないと思いながらも、贅沢をして購入しました。それらを使うたび、「イギリスで買った!」という誇りを感じるほかに、「自分はイギリスに友人がいる」「イギリスで楽しい時間を過ごすためにはしっかり働かないと」と思います。

 ↑のように、財布、小銭入れ、名刺ケースと小物ばかりだったので、実は今回ポーチをと考えていたのですが、ポンド安もあり、超思い切って、

スマイソンのリュック型バッグ
リュック型のバッグをGet! 自分にしては贅沢しすぎです。以前イギリスに留学していた際にリバティで買ったバッグが古くなってきており、買い替え時だったので決心しました。大事に使わないと…。

 スマイソンからポカデリーサーカスに戻り、ナイトブリッヂまで地下鉄で向かい、ハロッズに到着。

 ハロッズにもスマイソンのコーナーがありました。ハロッズではぶらぶら見学しながら、家族へのお土産と、ハロッズ銘柄のインスタントコーヒーを買いました。割高ですがまろやかな味がします。
スポンサーサイト



テーマ:イギリス旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/09/11(日) 06:32:00|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<またも身分不相応 | ホーム | 時差に慣れなくても運動開始!>>

コメント

こんにちは。

スマイソンって、シンプルだけど品格がありますね。
ひと目で、良い物だと判ります。

現地の価格で買えるのは、海外旅行者の特権です。羨ましい。。
私も、パリでシャネルを買いたい!
  1. 2016/10/04(火) 12:06:16 |
  2. URL |
  3. ゆみっぺ♪ #-
  4. [ 編集]

ゆみっぺ♪さん、いらっしゃい!!

そうなんです。スマイソンのグッズ、全然派手でないので、パッと見た時はあまり目立たないのですが、使い続けているとそのありがたみが分かります。触り心地が良いし、丈夫なんです。・・・といいつつ、まだ、このバッグは全然使ってないので、デビューは少し先になりそうです。イギリスの最後の日には利用しましたが…。

パリのシャネル・・。思い出します。かなり前に訪れた際に、見知らぬ中国人の女の人から、「金は出すので、品物を買ってきてくれないか}と頼まれました。もちろん断ったのですが、中国人は中に入れなかったのだろうか?とにかく超人気のようでした。


また寄ってね!
  1. 2016/10/04(火) 20:10:58 |
  2. URL |
  3. artie #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artie.blog54.fc2.com/tb.php/1209-fdf90309
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Artie

Author:Artie
Artie's Pubはバーチャル居酒屋。イギリスのパブのように、ちょっと立ち寄って飲みながら立ち話をする場を目指しています。「いらっしゃい!!」

最近のMENU

最近のお客様 ~いらっしゃい!!~

御清算

FC2ブログランキング

帰り際にクリックしてね!

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

お品書+月別アーカイブ

過去のArtie's Pub

 

名言

地球の名言 -名言集-

ブログ内検索

ボトルキープ

このブログをリンクに追加する