fc2ブログ

Artie's Pub

独特な感性を持つArtieの徒然なる日記。旅行命なので、旅行シーズンはあっという間に旅行記に変わる。

ぶらり長崎 その3 グラバー園へ

 ちょっと書く気が失せています・・。このグラバー園の記事を半分以上書いたものを2度に渡ってうっかり消してしまいました。結構細かく書いたのですが・・。時間も費やしたのに・・・。こういう時に限ってバックアップされていないのはなぜだろう?もう一度だけ頑張ってみよう…。


入口
入口です。

グラバー園は中学校の頃、修学旅行でやって来ており、それ以来気に入った場所の一つとして、何年かに一度訪れています。

このグラバー園の魅力の一つは、『動く道』があり、坂の上にある園内に辿り着くのにはとても楽だったのです。


ところが、


修理中
修理中!!仕方なくゆっくり歩きました。


グラバーの像 グラバー邸 グラバー邸
グラバーはスコットランド出身の商人です。武器商人として幕末の日本で活躍した人であり、日本の近代化に大きな役割を果たしました。明治維新後も日本に留まり、高島炭鉱の経営を行ったそうです。またキリンビールの育ての親であり、ラベルの狛犬の髭はこのグラバーがモデルになっているとも言われています。

狛犬
これです。


このグラバーの息子さんは、

倉場富三郎
グラバーをもじった日本語の名前を使用していたみたいです。とても真面目な方だったようですが、その生涯はあまり幸せではなかったように自分には思えます。


また、このグラバー園には、

三浦環 プッチーニの像
オペラ『蝶々夫人』を演じた三浦環やその作曲家のプッチーニの像があります。

旧三菱第2ドックハウス 旧リンガー住宅
旧三菱第2ドックハウスや旧リンガー住宅(リンガーは、幕末に来日した英国の冒険商人)を散策しました。


旧スチイル記念学校
当時外国語教育に尽力した旧スチイル記念学校です。


 いわゆる南蛮文化満載の長崎ですが、このグラバー園には当時のロマンが詰まっています。自分の場合、あまり戦国時代等に興味はないのですが、こういう外国文化と日本文化の出会いの場面って、とても興味深く感じます。

グラバー園から グラバー園から
丘の上にあるので、市内や港が見渡せます。

また、

グラバー園から
季節の花もいつも綺麗です。


・・・ようやく書き上げられた・・






スポンサーサイト



テーマ:長崎 - ジャンル:旅行

  1. 2013/01/06(日) 10:36:16|
  2. 国内旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ぶらり長崎 その4 さあ夜がきた | ホーム | ぶらり長崎 その2 大浦天主堂>>

コメント

長崎も神戸も坂道が多く一歩ここへ踏み込むと異国
て感じでグラバー園からの景色も素晴らしいです。

  1. 2013/01/08(火) 07:14:36 |
  2. URL |
  3. karin #Vhn8oodI
  4. [ 編集]

karinさん、いらっしゃい!!
 そうか、神戸もそういう街ですよね。一度も行ったことがない。岡山に住んでいたのに…。長崎は異国情緒がとても心地良いので、きっと神戸もそうなんだろうなと思います。しかも神戸の方が大きいですもんね。グラバー園は自分の大好きな場所の一つです。
 また寄ってね!
  1. 2013/01/08(火) 20:39:53 |
  2. URL |
  3. artie #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artie.blog54.fc2.com/tb.php/935-d4db4d7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Artie

Author:Artie
Artie's Pubはバーチャル居酒屋。イギリスのパブのように、ちょっと立ち寄って飲みながら立ち話をする場を目指しています。「いらっしゃい!!」

最近のMENU

最近のお客様 ~いらっしゃい!!~

御清算

FC2ブログランキング

帰り際にクリックしてね!

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

お品書+月別アーカイブ

過去のArtie's Pub

 

名言

地球の名言 -名言集-

ブログ内検索

ボトルキープ

このブログをリンクに追加する